株式会社名鉄情報システムは、システム開発 ・ 運用・利用の総合力でITのワンストップサービスを提供します|名古屋

MENU
日々、勉強!日々、挑戦!

上流工程を経験できるやりがい。

名鉄グループの会社であるため、システム開発の要件定義や設計などの上流工程を多く経験できると考え、入社を決めました。入社4年目となりますが、実際に少しずつ設計について指導を受けており、プログラマからシステムエンジニアをめざして段階的に成長していける環境だと感じています。2年目や3年目にも研修があり、アイデアを出すための発想方法などを学びました。「若手には新しいアイデアをどんどん出してほしい」という会社の方針もあるため、打ち合わせや会議の場で積極的に発言できるよう、日頃からアイデアをストックする習慣が身につきました。

品質にこだわる“仕事観”を育む。

実務に取り組み始めてまだ間もない頃、先輩から「システムテストは、自分の作ったプログラムの動作を網羅するように」と言われました。今考えてみれば当然のことですが、学生時代は「ここが動けば、きっと大丈夫だろう」という感覚があったため、仕事として納品するシステムの精度への意識が足りなかったと反省した瞬間です。それからは、考えられる全てのパターンを動作確認し、責任を持って納品するという“仕事観”を確立できました。ただプログラミングを作るだけでなく、品質向上の視点を持って取り組めるようになったことは、自分にとって大きな成長でした。

持ち前のコミュニケーション力を強みに。

現在は文教ソリューション担当に所属し、学習塾の会計システムに携わっています。先輩に着き、実践を通してマンツーマンで指導していただける体制です。開発より維持管理を中心に行っており、一つのクライアントと長期間にわたって関われるため、お客さまに名前を覚えていただいたり、頼っていただけることが、やりがいにつながります。キャリアを積むほど、直接クライアントと話す機会も増え、コミュニケーションが好きな私にとっては嬉しい限り。人柄や適性を見てくれる会社なので、自分の「好き」や「得意」をアピールしていくことが、自分のめざす将来につながっていくと感じています。

失敗を恐れずに挑戦できる理由がある。

新しいことに果敢に挑戦できるのは、見守ってくださる先輩がいるからです。初めてクライアントとの打ち合わせに一人で臨んだ際は、認識の違いから異なるシステムを運用しそうになったことがありました。先輩がフォローしてくださり、大きなミスにつながることなく解決したのですが、ハッとした経験です。支えてくれる先輩がいるからこそ、早く一人前になりたいという意欲も高まり、自分が先輩になった際は後輩に挑戦の場を与えてあげたいと思うようになりました。与えていただいた機会を活かし、プログラミングの技術と設計の知識、そして人間力をより一層磨いていきたいです。

エントリーする
エントリーはこちらから!